2005年09月30日

特訓3

非常に苦しい課題でした。

4m傾斜地+勾配屋根でした。図面は何度か見ていましたが、解くのは初めて。5時間半、時間を計ってやりました。

後退距離と、建ぺい率で建築面積が苦しい課題でした。南北6mフルの場合、建ぺい率ぎりぎりでこれか!と思いましたが、南面部屋が多いこともあり、東西に6mを4つ入れ、東西7スパン、南北7m、3スパンで進めました。地階は奥行き2スパンで考えましたが、この場合、コアを真ん中に入れるしかないんですね。大空間がある2階と、狭い地階に悩みました。結局キャンチで張り出し、なんとかしました。2時間半で何とか切り上げ製図に入りました。

勾配屋根にあせって、断面と平面不一致。さらに、ラウンジ吹き抜け見落としと、エントランスの情報コーナー40m2の抜けに終了間際に気づき、愕然としました。それでも何とか、時間内完成しました。

周りの状況は、作図をあきらめている人多数。なかには、全くちんぷんかんぷん、建物形状の理解ができていない人もいました。その点僕は、一度図面を見ているアドバンテージはありましたが。。

よく見直して見ると、ラウンジ吹き抜けと、情報コーナー40m2は、落ち着けば、プランをいじらずに入れることができそうでした。限りなく失格に近い完成でしたが、多分本試験並みのびっくり問題を時間内に完成できた事で、少し自信がつきました。
posted by kid at 17:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 一級建築士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっご〜いぃぃぃ!!時間内にできたんですねぇ。ちょぴっと失敗はあったにせよ、なにより完成させることって大切ですものね。私はエスキスだけ学校でやったんですが、できなかったです。最大建築面積間違えましたぁ。問題読解のヒントみたいな紙では2階にレストランでしたが、kidさんはどこにしました?ちなみに私は1階です。
Posted by mela2go at 2005年10月01日 23:25
ちょびっとじゃ、ないですよー。キャンチもどれくらい許されるのかわからないし。。

僕は、レストランを1階に配置しました。とゆより、サービス用EVがあるとは言え、1階以外考えられなかったです。2階に配置すること自体は、去年の標準解答例でも、やっていることなんで、まだ納得できますが、ゾーニングを無視しているのが納得できなですね。一体なにを基準にプランニングしてよいのやら。。いつも設計主文にある「異なる機能を適切にゾーニング」っていう記述がなかったようですね。僕は全く気づきませんでしたけど。。たとえ、本試験でこの記述がなくても、このような処置をする勇気はないです。。。
Posted by kid at 2005年10月02日 00:14
 私も勇気ないです。セオリーを外れるのって勇気いりますよね。でも、近年の本試験はセオリーを外すものが多いとか・・・不安ですね。
Posted by mela2go at 2005年10月02日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7527143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。