2005年09月28日

ステップアップ特訓2

昨日は、学校でした。ステップアップ特訓2を解きました。

今日こそは、まとめてやるとやる気まんまんで、臨みました。読解、建築面積、ボリュームチェック、階振り分け、非常にスムーズです。2時間でエスキスが完成しました。動線チェックをしていると、なんと南側アプローチが抜けていました。ゾーニングがぼろぼろと崩れていきました。マーカーは引いてあるが、機能図に書いていませんでした。自分が嫌になります。一文抜かしただけで、難易度がかなり下がるんですね。結局、南側防災部門をぶった切り、完成だけはさせました。その他にも、地下駐車場でしたが、よく見ると、GLから2300とっていて、梁下でとれていませんでした。

回答例をみると、あきらかに2階が苦しい。アクロバティックな防災部門の上下階のつなぎ方、いかにも詰め込みましたという平面型。さらに妙なコア配置の上に、センターにEVをもってきていました。僕は1フロアに2部門入る場合は、センターコアは無いと思っていましたが、こんな犠牲のしかたもあるんですね。動線交錯-5点ですね。(模試減点表参考)設計主文にある最重要事項ですが、場合によっては、ありなんでしょうか。

3階建は、大空間とコアの配置でほぼプランが決まると事が多いと思っています。コアについては、縦動線がある管理部門、メインコアの位置を限定するアプローチの入れ方。大空間の設置階は、ボリュームチェックでほぼ限定できますが、設置位置については、今の僕には、経験からくるプランの想像力というしかありません。


逆に2階建の方は、平面が広い分、力技でなんとか入ることが多い気がします。3階建はコマプランに、2階建は1/400に力を入れた方がいいような気がしています。多分、3階建でしょうけど。

この日の帰り間際に、講師が「製図は7割が運、3割が度胸」と言っていました。およそ、講師が言っていい言葉とは思えませんが、確かに、この時期の初受験生にかける事としては適切で、希望さえもつ人もいるかと思います。もうへこんでいる暇はありません。ラストスパートです。
posted by kid at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級建築士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。