2005年06月04日

建築知識6月号

特集は、
不況に負けるな![経営+営業]裏成功マニュアル

特別企画として、
追悼・丹下健三100人の証言集である。

この本を読んで悲しくなった。
特集では、建築家をあたかもコンビニに並ぶ、商品のように
取り扱っている。
僕は、「作家性」とか「デザイン」とかいう単語を
安易に口走る人をどうしても好きになれなかった。
この本を読んではっきりわかった。
このような単語を安易に口にだした瞬間に、建築は単なる消費物になってしまう
とはっきり認識した。

また、特別企画は、
丹下健三という偉人を取り上げる事で、
建築はこんな側面もあるけれど、丹下健三という希望もある
という編集者側のアリバイ作りでは、と勘ぐってしまう。

この特集は、確かに勉強になるし、設計事務所も営利団体なのだから
そうゆう側面はあると思う。
ただ間違いなく言えるのは、建築を学び始めた学生は
読まないほうがいい。

建築知識 06月号 [雑誌]
エクスナレッジ
発売日:2005-05-20
おすすめ度:3



posted by kid at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。