2005年12月16日

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊

おもしろそうなので読んでみました。

読みやすい本で一気に読みきりました。

日経新聞の読み方を提案しています。

この本に寄ると「3つのマル」を意識して読んで行くと良いようです。

国、企業、個人のマルです。

それぞれが及ぼす効果を意識しながら読むわけです。


例えば、

国→タバコ増税

企業→売り上げ落ちる?。。

個人→もうタバコやめようかな。。

という具合です。

どんなニュースにも当てはめて考える事ができます。


世界レベルの視点でいう国のマルは

経済力、軍事力、政治力だそうです。

この3つのマルは相互に影響を及ぼし合っています。

この3つのマルで考えると国の行動を理解し易くなります。

「外交カード」という言葉が理解し易くなります。

例えば、

常任理事国入り→日本政治力アップ→イヤだ(中国)→靖国カード

北朝鮮(経済力小)→核開発(軍事力)→政治力アップ

このような例が載っていました。


さらに著者は経済は欲望ゲームだと言っていました。

寒い→暖かいモノ欲しい→コートを買う(個人)

寒い→暖かいモノ売れるだろう→コートをつくる(企業)

確かにゲームですね。


僕は最近、経済関係の本をよく読んでますが直接役にたつ事はありません。

そんな疑問にも著者は答えてました。

「私は現代進行形の経済欲望ドラマを楽しむために日経新聞を読んでいます。」

ランキングへ

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊
日本経済新聞社
渋井 真帆(著)
発売日:2005-09
おすすめ度:4.4


posted by kid at 21:59| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10739140

この記事へのトラックバック

『渋井真帆の日経新聞読みこなし隊』  渋井真帆
Excerpt: 日本経済新聞社本社で、月に一度開かれる「日経新聞読みこなし隊」。これは日経新聞の購読者向けの無料セミナーなのですが、すごい人気でなかなか入れないそうです。そのセミナーの講師を務めている渋井真帆さんによ..
Weblog: 猛読醉書
Tracked: 2006-01-12 21:32

渋井真帆さん「やわキャリ塾」にて審査員
Excerpt: 昨日は、渋井真帆さんの「女のたしなみ やわキャリ塾」卒業プレゼンテーションに、審査員として参加しました。全部で10グループが発表をしたのですが、それぞれのグループの事業プランは、思ったよりも高度で、よ..
Weblog: 土井英司のベストセラー情報局
Tracked: 2006-03-21 08:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。